てんとう虫がうろちょろするブログパーツ(Twitter連携可)


プロフィール

ねんねんネムコ

Author:ねんねんネムコ
ありがとう、今この瞬間が
プレゼント(present)
\(^▽^)/         
               
夫 
息子(通信制の高2)
   起立性調節障害克服中
娘(高2)
   起立性調節障害克服中
夫の両親
ゆかいな6人家族

韓国ドラマ 石鹸作り 読書
楽しくて中毒寸前(@。@)/


名言


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


にほんブログ村

クリックしてねd(ゝ∀・*)

にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ

Amazon


FC2カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
受験生の娘
勉強しないでマンガばかり読んでる。
止めない親も親だけど(^^;)

娘が読むのはいつも少年マンガ。
珍しく少女マンガを買ったらしく
お母さん好きでしょ?
貸してあげる
「面白かったから絶対に読んで~~」
と押し付けられてしまった!
全13巻頑張って読んでるところ。




でも
でも
娘よ、ゴメン
全然嵌れないわ~このマンガ(^▽^;)
面白さが分からない。

好きなら好きでいいじゃん
まどろっこしい・・・ネムコ評

複雑な感情が絡み合って
少しずつ分かりあっていくのがいいんじゃん・・・娘評

ふーん
ふーん
って感じですが

9巻でおおおお~っと思わせるセリフを発見!

人生は選択の連続だよ
意識的にしろ 無意識にしろ
何かを選ぶということは
何かを捨てるということだし
選択に後悔がないのなら
きっとそれは正解なんだよ


そして10巻で

何を選んでも
きっと人は選ばなかったもう一つの道を
想像し続けるんだ


はあ~なんか深いイイ~
と思うのは、自分だけ?(^^;)

昔から思ってたけど
マンガって深いと思う。
マンガで人生を学ぶことは多い。
だから一概に娘に
「マンガばっかり読んで!(`ヘ´) 」
てなふうには、怒れないのだ。


にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
 プチッと押してくれると嬉しいな(^^)

スポンサーサイト
  娘が友達から少女マンガを借りてきました。
  「お母さんも読む?少女マンガ好きやろ?」
  ( ̄ー+ ̄)ニヤっと笑う娘・・・・
  「読むー!!!」
  ☆ヽ(▽⌒) きゃはーん♪

  娘が借りてきたのは
  『君に届け』と『アオハライド』そして『オオカミ少女と黒王子』
        

  いや~ブログの更新があいたのも
  このマンガたちを堪能していたせい・・・・(^^;)
 
  いいですねー若いって!
  みんな高校生で友達関係や恋や進路のことで悩み苦しむ。
  かわいいです。
  キラキラした毎日・・・(*´∇`*)
  「少女マンガの男子ってカッコイイー
  高校生になったら私も彼氏作るっ!
  と娘は言ってますが
  彼氏は作ろうと思って作れるもんでもないと思うど(´m`)クスクス
  でも娘の相手としては『君に届け』の風早くんのような子がいいなあ・・・
  あ、母親目線になっちゃった(゚×゚*)プッ

  あ~久々乙女な気分♪

  続きを早く借りてきてーっ

  にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
     プチッと押してくれると嬉しいな(^^)
   数年前に部屋を片付けたくて大事にしていたマンガを処分しました。
   その後もんのすごい後悔!!
   取り戻そうにも、廃番になっててもう手に入らないものばかり
   くすんくすん"(/へ\*)"))
   それが最近、古本屋で偶然見つけたんです!!
   もう、嬉しくって、嬉しくって、
   ネムコ踊っちゃった!!
   ゞ(。。*)ノウッ!ヾ(*'ロ')ノ"ハッ!ゞ(*。。)ノウッ!ヾ('ロ'*)ノ"ハッ!
 
   
   陸奥A子さんのマンガです。
   乙女チックワールド全開っす。
   大抵は普通の高校生の女の子が主人公で
   特に大事件が起こるわけでもなく
   ドラマチックに盛り上がるわけでもなく
   ごく平凡な日常的なお話ばかりなんだけど
   かわいいんだなあ
   いや、陸奥A子ふうに言うならば「かわゆい」んだなあ(*^。^*)うふっ
   絵も大好き!!
   主人公の女の子たちの部屋や洋服小物、
   そして行動、変わった名前まで
   すべてがネムコ好み、ステキっす(゚∇^*)♪
   ボーイフレンドも必ず優しいしさ。
   陸奥A子は古くて新しいと思う。  
   ネムコの一番のお気に入り「きのうみた夢」と
   「土曜日の午後のティアフルチアフル」「少しだけ片想い」 
   を手に入れるのが次なる目標
   文庫サイズは復刻版としてかろうじて見かけるようになったけど
   コミックサイズはなかなかお目にかかれない。
   捜すぞーo(*^▽^*)o 

   A子さん今も活躍されてるけど、ちょっと大人チックになってて残念。
   余白が多いような気もするし・・・
   ネムコが小中学生の頃愛読していたマンガ雑誌「りぼん」
   あの頃のものが大好きです。
   それ以前の作品も。
   ま、いつまでも「りぼん」に現役だったらコワいけど(~_~;)
   今娘は「りぼん」ではなく「ちゃお」に夢中。   
   「お母さん、面白いよー読んでみなあーよー!!」
   なんか幼稚すぎて読めないし(~_~;)
   「キスシーンもあるよ」
   おい、親に勧めるなっ\(;゚∇゚)/
   よけい読めないし・・・
   時代は巡って、変化していくものよねーε- (´ー`*) フッ


   
    ランキングに参加しています
    クリックお願いします!
   にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ 
    こっちもプチッと押してくれると嬉しいな(^^)
   


   
   

   
   

   
   
   
   「天は赤い河のほとり」 の影響で
   また篠原千絵さんの漫画が読みたくなって 大人買いしてしまいました。
   しかし!!
   めっちゃ怖いし・・・・。
   流血シーンや残虐なシーンの連続で もう気持ち悪いわ 怖いわで
   壁や床 天上から 体を突き抜けて もう不気味なのお~。
   指で脳をぐちゃぐちゃにしたり 人を平気でどんどん殺してくし・・・
   エグイよー \(>o<)/ギャー!

    満月の日になると異常な能力を持つ姉妹。
         体は宙に浮き物体をすりぬける。善と悪!!恋人をめぐる超能力の戦いは?

   本来 ネムコは こういうの超超超苦手
   ネムコの もっとも不得意な分野だよー。
   ホラー映画も ヤクザ映画も大嫌いで 絶対見ない。

   豹変した双子の主人公の1人 流水(ルミ)の顔がまた一段と怖くて
   表紙を開くと ニヤリと不敵に笑う流水がいて 飛び上がりそうになる。
   もう キャーキャー叫びながら 夢中に読んでた。
   あんまり怖くて 途中でやめようと思ったけど
   もう1人の主人公 流風(ルカ)と先輩の行く末が気になって 二日で読破。
   (´ヘ`;)ハァ 疲れた。

   高校生の時に 従姉妹が持ってた「 闇のパープル・アイ 」 にはまって
   もう 何回も何回も腐るほど読んだ。
   「闇のパープル・アイ」 も不気味だったけど 
   「海の闇、月の影」 は何倍も輪を掛けての 不気味さだね。
   
   この人の作風って 主人公は いつも追いかけられてて せわしい。
   そして いつもヒロインを守ってくれる彼氏が また かっちょいいんだわ~(*^3^)
   ストーリーも良くて ぐいぐい引き込まれてしまう。
   やっぱ 面白い。
   
   出しっぱなしにしてたら 娘がいつの間にか この漫画を読んでて 
   「おもしろーい」
   えーーーーー!!
   怖くないの?
   怖がりなハズな娘・・・・(゛゛)ギョギョギョ
   そんなに面白いのなら と息子も読み出した。
   「うわーっ きしょいっ うげっ」
   そうだよね~
   子供の教育上 よろしくないので コッソリと隠しましたが
   娘・・・・末恐ろしいよ~(O.O;)(oo;)

   あー 「闇のパープルアイ」 も もう一回読みたくなっちゃったなあ。

  本日のラン
       7キロ  42分54秒

   
    ランキングに参加しています
    クリックお願いします!
    にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ 
   こっちもプチッと押してくれると嬉しいな(^^)




 
   
   

   ネムコは強く勇敢で 美しいヒロインが好きである。
   このお話の主人公 ユーリは まさにネムコの理想の女の子像である。

   読書の秋 「ラブ★コン」 から 火が点いて マンガ熱再来です!!
   今日は 語るよ いつも長いけど 今日はもっと長い。
   マンガ好きの人は読んでね (^_-)-☆
   ネムコの一番好きな 少女マンガです。
   (ほんとは 「イタKISS」 と甲乙つけがたいんだけどさ)

     
   いけにえの為に 古代トルコにタイムスリップさせられてしまった女の子のお話です。
   「王家の紋章」 に 設定が良く似てますが ネムコは こっちの方が 断然好き。
   王家の紋章は まだ連載が続いてるようですが・・・??
   (ネムコが高校生の頃からやってるのに~)
   歴史ものって苦手なはずなんですけど これは別 見事 ハマッてしまいました。
   もう ユーリとカイルに 「虜」 状態。
   
   第1巻で ナキア皇妃に操られ ユーリに剣を振り上げたティトが
   処刑されようとする場面で それを必死で止めようとするユーリに 
   カイル皇子は法律だから仕方ないと 皇族の権力を私事に使ってはいけない
   と ユーリに言い聞かせるところがあるんだけど
   「身分ってのは上の者が下の者を守るためにあるんじゃないの!?
    権力があるなら こんな時使わないで いつ使うのよ!?」
   って 堂々くってかかるユーリに ネムコ まず惚れました!!(*^3^)/~☆
   正論ですもの!!
   周囲にいたものは唖然とします。
   カイルもここで ユーリに一目置いたんじゃないのかなあ。

   やがて小娘ユーリに溺れ 愛してしまうカイル皇子の翻弄ぶりが たまりません。
   元いた世界に ユーリの好きな男や家族のもとに 帰さねばならないと 
   自分の想いを封じ込めようと懸命なカイル皇子と
   家族のもとに帰らねばならない やがて正妃を迎えるカイル皇子を
   好きになってはいけないと ふんばるユーリ 
   想い合ってるのに それ以上踏み越えようとしない二人のじれったさが
   14巻で 一気に盛り上がります。
   ネムコのお気に入りのあのシーン
   元いた世界にやっと戻れるという時 カイル皇子の危機をユーリが予感する
   別れ道のシーンです。

    わたしの生きる天はここにあった
    この天の下にわたしは生きて 
    いつかこの赤い土に還ろう

    わたしの生きる天は この赤い河のほとり
    そしてこの赤い大地!!

   
   このユーリの決意に 背筋がぞくっとしてきました。
   この後 お話はまだまだ続きます。
   28巻と長いですが どの巻も見逃せません。
   自分の息子を王位につかせたい為 何とかユーリをいけにえにしようと企むナキア皇妃
   追って追われて 闘って ハラハラドキドキ 
   やがて カイルや周囲はユーリを 皇帝に次ぐ地位 『タワナアンナ』 にと思い始める。
   ああ 壮絶なドラマです。

   トルコに魅せられ 治安や衛生面など関係なく トルコに住めると 
   この地に来て思った という 
   作者の思い入れの強さ 熱さ が伝わってくる 『作品』 です。

   この感動をあなたに!!
   是非是非 読んでみてちょー(*^_^*)


   
    ランキングに参加しています
    クリックお願いします!
    にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ 
    こっちもプチッと押してくれると嬉しいな(^^)





 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。