てんとう虫がうろちょろするブログパーツ(Twitter連携可)


プロフィール

ねんねんネムコ

Author:ねんねんネムコ
ありがとう、今この瞬間が
プレゼント(present)
\(^▽^)/         
               
夫 
息子(通信制の高2)
   起立性調節障害克服中
娘(高2)
   起立性調節障害克服中
夫の両親
ゆかいな6人家族

韓国ドラマ 石鹸作り 読書
楽しくて中毒寸前(@。@)/


名言


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


にほんブログ村

クリックしてねd(ゝ∀・*)

にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ

Amazon


FC2カウンター


   冬休みから娘の様子がおかしい。
   どこが おかしいかというと・・・・
   「コウく~ん
   ・・・・・・・・・・・・・・・・(-_-;)
   「コウく~ん つきぃー」 注*つきぃ=すきぃ
   ハグ!ハグ!
   こういう状態が続いている(~_~;)
   そして肝心の息子は・・・・
   「もうっ やっやめろーっ!!
   逃げ回っております(^_^;)
   
   ご飯の時も
   「フウ、コウ君の横~」
   お風呂上り
   「コウ君 ふいて~」 息子 即却下
   「コウ君 トイレ付いてきてー」 
   「今日はコウ君の隣りで寝る~」
   「コウ君 コウ君 コオ~ウ」 にへら~と不気味に笑う娘
   (;一_一) おいおい おめーえら 兄妹だぜー あぶねーよー

   急にどうしたんだ? 寄ると触るとケンカばっかだった二人
   この間まで コウって意地悪~ って苦みそ顔してたのに・・・  
   「コウ君のどこが好きなん?」
   「えへへ コウ君優しいもん
   え? どこが?
   「コウはやさしー コウはやさしー フウの兄ちゃんはやっさしー
   突如 歌い踊り出すイカレポンチな娘
   あんぽんたんこの上ない (ーー゛)
   ( 一一) 「フウ 酔っぱらっとる?」

   観察するに どうも 息子の態度もおかしかった。
   確かに 妙に娘に優しい。
   なぜか?!
   それは!!
   DS
   冬休みの間 ゲームする時間を自由にして欲しい と息子から懇願され
   色々条件を出したんだけど
   学校の宿題公文の宿題 漢検のドリル これらをすべて終わるまで 
   ゲームをやってはいけない。←ま、当たり前やねー
   しかも 兄妹が両方終わってないと やってはいけないことにした。←コレがミソやねー
   つまり お兄ちゃんがいくらパッパとやっていても 妹もしないことには 
   いつまでもゲームが出来ない というシステム。
   これには 最初 息子泣いた!喚いた!
   「そんなん無理や フウがさっさとするわけがないっ!!」
   そんなん しらんわいっ 兄妹は共に歩むべきである
   これは お兄ちゃんの腕の見せ所
   その日から 息子の奮闘記が始まったのである 多分。←母 気が付かず(^^ゞ

   娘の宿題一式や鉛筆消しゴムをそろえてやり さあやるぞ!! と声をかける。
   それでも娘 のろのろごろーんと寝っ転んで 
   いつまでも本なんか読んでたりしてるんだけどね。
   息子は 怒らず 根気よく 宿題やろー と誘う。
   オド(喉)かわいたー と妹が言えば牛乳を入れてやり
   宿題終わったら やりたいと言っていたゲーム貸してやるから と説得を試みる。
   その言葉につられ動き出す妹 宿題をやり始めるが 
   「わからーん」 ぽいっと鉛筆を放り投げる
   教えてやるから!! 必死の兄。
   「あんたらさあー 宿題もいいけど 先に着替えてよっ!!」
   朝ごはんも食べず パジャマのまま 宿題をする子供たちに呆れるネムコ
   そーんなに ゲームがしたいかね?!
   「お母さんわかったからっ シツコク言うとフウがまた怒って泣き出すから 
    それ以上言わんといて!! フウ 早く着換えろっ!!」
   ああ なんて献身的なんだ。
   まあ 妹の為というよりゲームの為。
   それを 「愛」 と勘違いしてしまった妹のトンチンカンさ。
   
   食事も 「肉」 以外は のろのろと1時間くらいかけて食べてしまう娘。
   見かねた息子 「ほら、あーん」 娘の嫌いな大根を口に入れてやる。
   そこまでする?!
   びっくりだ!! \(◎o◎)/
   「コウ~ つきぃー
   「うわっ 抱きつくな~ 誰か助けてー!!
    
   仲良きことは美しきことかな  by武者小路実篤

   冬休みがとうに終わった今も 息子は  
   娘の 「家族ランキングの輝ける第一位」 を保ち続けている。 
   ちなみに母は第二位に転落 \(゜ロ\)(/ロ゜)/
   が!!
   「コウ~ つきぃー」
   バシッ 蹴りっ ←妹をハッタおす音
   「つきぃー」
   殴られても平気らしい たくましい私の娘。
   どうやら お兄ちゃんの優しさは 冬休み限定 だったらしい。

    
   
    ランキングに参加しています
    クリックお願いします!
   にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ 
    こっちもプチッと押してくれると嬉しいな(^^)




   
    

    
   

   
スポンサーサイト
   今年のインフルエンザの勢力は かなり強力らしい。
   先週始め 台風の目ように 今注目のインフルエンザウイルスは
   ものすごい猛威をふるって
   ネムコと子供たちに襲いかかって来やがりました。
   ま、ネムコってば 流行に敏感だからね~(~_~;)
   皆様のトコは 大丈夫でしょうか?

   出所は娘なんですが いったいどこからもらってきたのか・・・
   娘→息子→ネムコ・・・の順番で 毎日病院通いに、自分もかかってしまって フラフラ~
   熱も全員39度超えました!!
   娘は スカッと一気に上がってストンと下がり 見事な回復力で周囲を驚かせました。
   息子は2日がかりで熱が下がり、ひとり隔離されて寝てるのが嫌でグズグズ・・・
   男の子はあかんたれですねー
   ネムコは 微熱が何日も続いてから高熱が出て 
   先に治った子供たちに周りでギャーギャー騒がれ 辛かったです。
   子供たちがいるので なかなか休めませんしね。
   「寝てていいよー」
   の優しさに甘えて少し寝て 夕方夕飯作りに渋々起きてみると 
   台所に洗い物の山!!
   悲じかった (T_T)
   夫も体の不調を訴え病院へ行ったようですが インフルエンザの反応は出なかったようで
   でも インフルエンザの家族に囲まれてて 移るに決まってる!!
   と医者に太鼓判を押されつつ 仕事に行くと 
   「頼むから帰ってくれ!!」
   と会社から追い出されたらしい。
   仕方なく 家で待機。
   なんだか 家全体が 世間様から遮断されたような気分でした。

   昨日からネムコも復活!!
   ちょっとした外出時にも マスクが離せません。
   なんか外が恐いのです。
   今回は インフルエンザA型でしたが 次はB型移されるんじゃないだろうかって
   もしかしたら 香港A型、ソ連A型といった 違う型に ならないだろうか・・・
   って ものっすごく不安 ((+_+))

   皆様も 感染なさいませんように お気を付け下さいませ!!
 

   
   
    ランキングに参加しています
    クリックお願いします!
   にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ 
    こっちもプチッと押してくれると嬉しいな(^^)




 

  
   

   
   
   夜寝る前の布団の中での 子供たちとのお喋りが楽しい。
   もう子供たちも大きくなってきたけど まだ寝付くまで添い寝をしている。
   これが正直面倒臭いのだが まだまだ母の取り合いをしてくれるのが嬉しくて
   二人にサンドイッチの具になった気分で挟まれて眠ることに幸せを感じてしまう。
   そして 夜は子供の本音を聞き出せるチャンスの時間でもあるのだ。

   最近の話題は もっぱらネムコの子供時代の話。
   失敗談やイタズラ、叱られたこと等 
   「思い出して!!思い出して!!」 とせがまれる。
   幼稚園の帰り道でお漏らしをしてしまい 隠そうとしてバレた途端
   恥ずかしさと気持ち悪さで大泣きしたこと。
   給食のおかずがどうしても食べられず(給食が嫌いだった)
   掃除の時間になってしまい半泣きになったこと。
   茶色のジャンバースカートをはいていって 
   「鼻くそ色~」 とクラスの男子にからかわれ 本当に鼻くそを付けられてしまったこと。
   クラスの中でも いるのかいないのか分からないくらい おとなしい子供だったこと。
   ・・・親の情けない子供時代を白状すると 子供たちは喜ぶ。
   なあんだ お母さんも自分たちと同じような子供だったんだと 
   安心してくれたらいいなと思う。
   自分自身 振り返ってみれば 全く情けなく恥ずかしいエピソード満載の子供時代である。
   そしてハッとした。
   子供たちに ああして欲しい、こうした方がいいのにともどかしく思っていたけど
   経験のない子供には回り道が必要なんだ
   些細なことも 子供にとっては大きなことなんだと。
   それを強要していた自分に反省、反省である。

     おとなは、だれも、はじめは子どもだった。
     しかし、そのことを忘れずにいるおとなは、いくらもいない。
                                 byサン テグジュペリ 

   さあ、今夜は子供たちと何を話そうかな?

  
    皆さん 遅くなりましたが、明けましておめでとうございます!!
    更新 すぐに停滞気味になってしまいがちですが 
    今年もどうか み離さずにお付き合いくださると 幸いです!!
    どうぞよろしくお願い致します <(_ _)>


  
    
    ランキングに参加しています
    クリックお願いします!
    にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ 
    こっちもプチッと押してくれると嬉しいな(^^)


   
   

   
   



 | BLOG TOP |