てんとう虫がうろちょろするブログパーツ(Twitter連携可)


プロフィール

ねんねんネムコ

Author:ねんねんネムコ
         
~♪(*´○`)o¶~~♪
しあわせは~歩いてこない
だから歩いてゆくんだね~
人生はワンツーパンチ☆
ネムコで~す♪
               
夫 
息子(通信制の高2)
   起立性調節障害克服中
娘(高2)
   起立性調節障害克服中
夫の両親
ゆかいな6人家族

韓国ドラマ 石鹸作り 読書
楽しくて中毒寸前(@。@)/


名言


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


にほんブログ村

クリックしてねd(ゝ∀・*)

にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ

Amazon


FC2カウンター


  「浅見帆帆子」さんの本にハマっています。
  いわゆる開運本(!?)かな~
  読んでるだけでワクワクしてくる。
  落ち込んでる時にこの本読むと前向きになれます。
  イラストも帆帆子さんが書いていて
  なかなか味のある絵
  なんか好きー
  運がこっちにやってくるぞーって感じする(*・∀-)b
        

  日記本もおすすめ。
  どこどこでなになに食べたーとか
  だれだれとどこどこで会ったーとか 
  何でもない日常ですが
  そんな帆帆子さんの日々が(´m`)クスクス楽しくて
  肩の力が抜けていく・・・
  でも、帆帆子さん
  お金持ちのお嬢様なのね~(^^;)
  もともとツイてそうなブルジョアな生活ぶりに
  せっかくの開運本も説得力がなくなってきそうですが(^^;)
  へへっ、人柄でOKです!
    

    起こる物事に偶然はない
    周りに起こる運の悪いことは自分になにかをお知らせしているとき
    他の人には起こらないのにあなたにだけそれが起こるということは
    あなたにだけ起こる意味があるのです。 ~本文より~

  息子はどうして病気になったのかなあ・・・
  何がいけなかったんだろう・・・
  と常に考えてしまうんだけど
  病気になったことに
  とても大事な意味メッセージ
  隠されているような気がしています。

  にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
     プチッと押してくれると嬉しいな(^^)
スポンサーサイト
  友達とにぎやかに遊んでる息子の姿は
  とても病気には見えません。
  それが周囲の誤解を招いてしまいます。

  「お兄ちゃん学校どうなの?」
  と人付き合いの多い義母なんかは
  遠回しによく聞かれるようで
  その度憤慨して帰ってきます。
  ご近所でも息子も私もすごく痩せてしまって
  どこか具合が悪いんじゃないかって
  いろいろ噂はされているようです。
  でも、私はあまり気になっていません。
 
  むしろ身内の方がキツイです。
  まず実母
  「そんな病気聞いたことがない」
  「学校へ行きたくないだけではないのか?」
  と疑いの目。
  実の親ですから容赦なく攻撃してきます。
  同居している義父母は
  病気への理解はあるものの
  原因の責任追及が厳しい。
  そして、保険のきかない高額な治療をしていることで
  「騙されているんじゃないか?」
  大量のサプリメントを飲んでいることの不信感。
  糖質制限は解除されたけれど
  お菓子も買ってやれない
  ご飯やパンをお腹いっぱい食べさせてやれない
  ことに不満があるようです。
  そして、みんな、口をそろえて言うのは
  いつになったら治るの?

  ただでさえ子供の病気のことでつらいのに
  周囲の雑音に神経を使って挫けそうになります。

  唯一実父だけは私たちのやっていることに好意的です。
  息子の病気のこともすんなり受け止めてくれ
  オーソモレキュラー療法も
  今の治療も
  「親なんだから子供をなんとしても治したい気持ちは当たり前」
  と言って黙って温かく見守ってくれています。
  (書いていて、なんだか涙が出てきてしまった(;へ:))

  病気になることは恥ずかしいことなの?
  学校に行けないことは悪いことなの?
  なぜこんな引け目を感じなければならないのでしょう?
  みんな、不安を煽らないでほしい。
  やっと心が落ち着いてきたのに
  もうかき乱されたくないです。

  にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
     プチッと押してくれると嬉しいな(^^)   
  
  息子が学校を休学してから
  毎日友達が遊びに来てくれています。
  彼らの通っている高校がうちに近いこともあって
  学校帰りにふらりと寄りやすいのだと思います。
  高専の友達は親交を深める前に休学してしまったので
  もう交流はないようですが
  中学時代の友達がいつまでも仲良くしてくれるので
  本当にありがたいです。
  
  毎日毎日入れ代わり立ち代わり来てくれるので
  息子に友達がこんなにたくさんいたなんて
  新たな発見でした。
  「なんで毎日来てくれるん?コウ君が病気やから?
  かわいそうやで?」
  娘が目を丸くして聞いてきます。
  「たんに遊びに来てるだけやと思うよ
  みんな病気のこと疑っとるってコウちゃん言うとったもん」
  
  友達はみんなサボりだと思っているようです。
  休学した当初は
  「今日もさぼっとんか~?ちゃんと学校行けよ~」
  って、休み時間に送られてくるLINEで誰も彼もに言われて
  よく傷付いていました。
  心がズタズタになる
  と漏らしていました。(T_T)
  病気なんだ、と言っても
  「なんで?めっちゃ元気やん」
  と信用されない。
  近しい彼らにも理解されないことに
  とても苦しんでいました。

  でも、15、6の子達にこの病気を理解するのは
  無理なことです。
  周囲の大人にすら分かってもらえない現状ですから。(>_<)

  「コウ君て友達の悪口言わないよね~。聞いたことない。
  イヤな子とかおらんのかな?」
  最近友達関係に悩みだした娘が不思議そうに言います。
  そう言えば息子は
  私がちょっとでも彼らを非難するようなことを口にすると
  火が噴いたように怒り出します。
  それだけ友達を大事にしてるってことですよね。(*^_^*)

  友達だけでなく人のことを悪く言わない子です。
  見習わなければいけません!(`◇´)ゞ
  
   にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
     プチッと押してくれると嬉しいな(^^)
  学校は休学しています。
  同じ姿勢で長時間座り続けると吐き気を催し
  授業に耐えられないのです。
  休学は息子には辛い決断で
  出席日数ぎりぎりまで悩んでいました。

  来年もう一度やり直せばいい
  と言うのですが
  1学年年下に混じるということに
  ものすごく抵抗があるようです。
  大人のひとつふたつの差なんか
  何でもないんだけど
  この年頃では全く考えられない
  難しい問題のようです。

  息子が家で何をしているか?( 一一)
  というと・・・
  一日中スマホをいじっています(^^;)
  DSをしたり、Wiiuをしたり
  ゴロゴロして過ごしています。
  たまに
  このままでいいのかっ!!
  と、焦って教科書を開けてみるけど
  わかんないし
  やっぱりしんどくなって
  出来ない自分に腹が立ち
  落ち込んでしまうようです。
  この病気は身体的にもしんどいけど
  集中力や思考力、記憶力も低下するようです。
  脳に血流がいきわたらないんだから当然です。

  息子の自分のやるせない気持ちがわかるので
  ゲームばかりしていても何も言えません。
  息子がそれで気がまぎれるのなら
  いいと思っています。
  
  この間、息子が新しいゲームソフトを買おうか迷っていました。
  休学してから退屈なので
  今までためていたお小遣いをゲームにつぎ込んでいるようでした。
  「買っちゃえ買っちゃえ!」
  と私が言うと
  「えーっ!お母さんがそんなこと言うの意外~」
  とびっくりしたような顔をされました。
  思えば、息子のゲーム好きには否定的でした。
  勉強ほっぽらかして何時間もしているのが嫌でした。
  目も悪くなる一方でしたし
  子どものくせに体を動かさず
  背中を丸めて小さな画面に夢中になる姿が
  おぞましく感じたのです。
  男の子なら外で元気に!
  っていうのが私の息子への理想像だったのかもしれません。
  高専を選んだのも自分でゲームを作りたかったようです。
  もっとゲームが好きって気持ちを理解してあげるべきでした。
  それも息子のストレスだったんだろうなあ・・・・

  「病気になったのは悲しいことやけど
  今は勉強せんでも堂々とゴロゴロできる立場なんやで
  それを活用せなもったいないやん。
  こんななんにもせんでもよい日いはこの先ないかもや
  病気が治ったらいやでも勉強せんなんわけやし
  好きなゲームしたらいいやん。
  今を楽しもうや!コウちゃん!」
  まあ、自分のお財布と相談して買ってね(^_-)
  と言ったら
  目を丸くした息子が
  「お母さんもな!」
  「お母さんも楽しまなあかんで」
  と言われ返されてしまいました。

  ハッとしました。Σ(゚Д゚)
  そうだ!私も楽しまないと!
  思えば息子の病気調べに翻弄するばかりの日々でした。
  親が楽しくないと子供は楽しめないのかもしれません。

   にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
     プチッと押してくれると嬉しいな(^^)  
  今息子が飲んでるサプリ・・・・
  めちゃくちゃ多いですよ。
  お値段も半端じゃありません( ̄ー ̄;

  ダイナマイトアドレナル
  グルタジェニックス
  DHEA
  ビタミンC
  ビフィドバイオティクス
  NAC
  ナイスタチン
  スペクトラザイム
  セラトニン
  セレキノン(消化剤)
  ガスモチン(消化剤)
  
  先週からキレーションを始めました。
  そのサプリも追加で出され、あとマルチミネラルも。
  息子は重金属の蓄積があって
  水銀、アルミ、鉛、そしてヒ素が特に多いようです。
  ヒ素は農薬などに含まれてて
  今、白米じゃなくて発芽玄米を食べてるんだけど
  精製してないってことはその分農薬が残ってるんじゃないの?
  って気になってるところ・・・。
  ちょっと神経質になってる?(^^;)

  先週キレーション一日目で尿を取ってアメリカへ送りました。
  日本じゃできないんですって!
  サプリを飲んでどれだけデトックス出来てるか?って検査です。
  たくさん放出してたらいいなあ。

  キレーションが取りあえず5クールを予定。
  キレーションにものすごく期待していて
  これで変化があればいいな~
  楽になればいいなあ~

  いいな~・・・・
  じゃなく
  楽になるはず!!
  です。
  絶対(^^)v

   にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
     プチッと押してくれると嬉しいな(^^)
  ハイキューの新刊が出たようです。
  娘が早速買ってきました。
  141005_1431~02
  ハイキュー!! 13 巻
  後ろのはハイキュー小説版と黒子のバスケ29巻

  でも、読まないんだって・・・・
  もうすぐ中間テスト
  終わるまで読まないって
  おおおお~
  素晴らしい決断  
  読み始めたら、もうどうにも止まらない~♪うらら~
  気に入った本は
  何度も何度も繰り返し読まないと気が済まない性格。
  何度読んでも興奮がおさまらないお得な性格。
  一ページでも開いちゃったら最後
  テストどころじゃなくなるから・・・
  だから、我慢する(`´)
  テスト勉、嫌になったら終わったら読める!ガンバレ!
  って、表紙みて自分を奮い立たせるんだって(´艸`*)

  娘よ、見直したぞっ!

  今回のテストは期待していいですか? by母
  ( ̄ー ̄)ニヤリッ

   にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
     プチッと押してくれると嬉しいな(^^)
 
  その後、息子の症状は劇的とはいいませんが
  徐々に良くなっていっています。
  気が付けば、腹痛が減り、頭痛を言わなくなり
  不快だったゲップのような音もたまに出る程度。
  表情も明るくなりました(*´▽`*)

  この治療法に出会えて本当に幸運でした。

  オーソモレキュラー療法も
  息子には合わなかったけど
  食生活の見直し改善の勉強になりました。
  いかにこの世の中、炭水化物過多の食生活に傾いていることか
  砂糖の取りすぎも
  食品添加物の恐ろしさとか
  そういうことを学んだおかげで
  腸内環境の治療に素直に入っていけました。
  地獄のような日々だったけど  
  無駄なことはありませんね。

  最近ふと、考えるんです。
  もしこのまま自然にまかせて成長が止まるのを待っていて
  治ったのだろうか?

  疑問に感じませんか?
  身長が急に伸びたせいで病気になったのなら
  思春期の子供たちならだれでも当てはまることを
  なぜ息子だけ?
  って思うんです。
  この病気をストレスのせいにするなら
  多感な時期の子供たちにストレスがないわけがない!
  なぜ、息子だけ?
  って悔しいんです( ;_;)

  一般の病院では
  オーソモレキュラー療法や腸内環境改善の治療方法など
  分子栄養学を取り入れた医療は
  認識されていないようです。
  当然自費診療です。

  もちろん、小児科での治療のように
  昇圧剤や漢方薬で対処しながら成長とともに治っていくケースは
  たくさんあるのでしょう。

  でも、ある程度成長しても引きずっているような場合もあると聞きます。
  息子も腸の悪さが大人になって自然に改善されるとは思えない・・・・・
  
  息子のように腸内環境が悪くて起立性調節障害になってる方が
  結構多いんじゃないかと思っています。

  にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
     プチッと押してくれると嬉しいな(^^)
  息子の低血糖症は副腎疲労からくるものでした。
  副腎疲労は主にストレスからなるようです。
  息子のストレスは
  勉強しろ勉強しろ!ヽ(`Д´)ノ
  と今までしつこく言い続けてきた私のせいかもしれません。
  反省(T_T)
 
  大阪の病院へ行き
  糖質制限は解除されました\(*^▽^*)/
  ただし、ご飯のおかわりはなし
  缶ジュース缶コーヒーはダメ
  インスタントラーメンやお菓子も食べないように
  加工品に気を付けること。
  タンパク質は多めに。
  これらのことを注意されました。
  それでも大きな変化です。
  ご飯もパンもパスタもピザも果物も食べられます!

  そして驚いたのは
  小児科の先生に言われていたことと
  逆の指摘がありました。
  規則正しい生活をと言われていたので
  毎朝無理やり朝6時に起こしていました。
  お叱りを受けました( ̄□ ̄;)
  ただでさえエネルギー不足なのに
  自然に目が覚めるまで寝かせてあげてください
  と言われました。
  ガソリンがないのに車は走れないでしょ?って
  この子にガソリンがなくても走れと言っているようなものですよ、と。
  一日中ごろごろダラダラもオッケーなんだそうです(^^;)
  塩分水分必要以上に取る必要ないそうです。←躍起になっていました(>_<)

  でも考えてみたら風邪ひいてしんどい時
  体力や抵抗力落ちてるわけだから
  眠ることが一番の薬ですもんね。
  今まで、体力もないのにウォーキングやストレッチだなんて
  酷なことしてきたんだわ
  と、反省(〃´o`)=3

  副腎疲労が治れば低血糖症も治り
  腸の粘膜を整えて、悪さする腸内細菌や真菌たちを除菌し
  重金属のキレートをすれば腸内環境は良くなるはずです。
  腸内環境が整えば、代謝がよくなって栄養吸収でき
  足りない栄養素を補うことができます。

  息子の場合、順番が逆だったんですね。
  栄養療法は最後の段階なんだと思います。

  これで、治療の見通しがついてやれやれです。

  私も息子も家族みんながホッと一息つけたようでした。

  にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
     プチッと押してくれると嬉しいな(^^)

 | BLOG TOP |