てんとう虫がうろちょろするブログパーツ(Twitter連携可)


プロフィール

ねんねんネムコ

Author:ねんねんネムコ
ありがとう、今この瞬間が
プレゼント(present)
\(^▽^)/         
               
夫 
息子(通信制の高2)
   起立性調節障害克服中
娘(高2)
   起立性調節障害克服中
夫の両親
ゆかいな6人家族

韓国ドラマ 石鹸作り 読書
楽しくて中毒寸前(@。@)/


名言


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


にほんブログ村

クリックしてねd(ゝ∀・*)

にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ

Amazon


FC2カウンター


警戒心

   昨日 学校からまた 「不審者注意」 のお便りを貰ってきた。
   友人宅から帰宅途中に 黒い服装の男に後を付けられ 逃げようとしたら手を伸ばしてきた。
   夢中で逃げ切り こども100番に駆け込んだ という。
   
   息子曰く
   「朝 行く時 外人が黒い帽子かぶって リュック背負って 歩いとっちゃった
    お父さんよりももっともっと背が高い人やったわ
   どうやら その外人さんは 息子によって 不審者にされてしまったようだ。   
   やれやれ  ┐(´-`)┌

   息子は 警戒心が強すぎる。
   一人で外へ出ることを 異様に不安がる。
   塾へ行く時 送って欲しそうな目線をネムコに向ける。
   「お母さん もし 誘拐されたらどうする?
    ・・・でも まだ 外は明るいで 誘拐犯もウロルロしとらんやんな?
    ・・・殺人者と誘拐犯て どう違うん?」
   不安げにネムコを見つめる息子に 戸惑ってしまう。
   慎重なだけ 用心深いだけ と言ってしまえばそれまでだけど。
   歩いて3分の友達の家でさえ 「大丈夫やんな?」 と確認する。
   留守番も出来ない。
   少しの時間も待てない。
   最近は お風呂を出る時も 「家の中に変な人おったらどうしよう」 と 言い出す始末。 
   
   学校からの不審者への指導と テレビのニュース。
   そして 義母の子供たちへの異常な程の心配振りが 影響しているのだと思う。
   義母の狼狽振りが 息子の警戒心を煽るのだ。

   昨日 3歳の男の子が見知らぬ男に 歩道橋から投げ出された事件があった。
   なんとも 痛ましい事件。(/_<。)
   帰宅するなり 義母の一声は まずこれだった。
   「ネムちゃん ニュース見た? 
    どこか出掛ける時には 子供の手 絶対離したらあかんで!!」
   そして 息子にも ずっとネムコにくっついとくように 諭していた。
   きっと明日から息子は ネムコの手を片時も離さないだろう。
   子供は純粋だから その言葉通り受け止める。

   (´ヘ`;)ハァ
   ああ なさけない。
   なさけなくて 父ちゃん 母ちゃん 涙が出てくらあ~(T^T)  byあばれはっちゃくの親父
  
   息子の性格からして この世の中の現状が 彼を脅かしている根源だ。
   そして 義母の安心材料を提供する能力のない 自分への怒り。
   過保護に育ててしまった自分へ ツケが回ってきたとも言える。
   息子の警戒心を解くには 一体どうしたらよいのか?
   全く 途方に暮れてしまう。
   このままだと 知らないおじさんは 息子にとって みんな怪しい人になってしまう。
   いつまでも 親の保護の下でいられるわけじゃない。
   時に 冒険や勇気も必要。
   親として 息子に 悪い人間ばかりじゃないんだよ
   って 教えてやりたいのに
   頻繁に 不審者情報を耳にすると うっかりと言えないのだ。
   ニュースを見ていると 義母じゃないけど 危険とは常に背中合わせのような気になってくる。
   でも このままでいいのか?
   昔は 知らない人にも親切にしなさい と教えられて育った。
   今は 声をかけられても 応じてはいけないと 教えられているのだ。
   今と昔とでは 治安が違うからしょうがないのかもしれないけど
   こんなふうに育った子供って いったい どんな大人になるんだろう。
   親切や優しさは育つのだろうか?
   子供の心の成長の先が 不安で仕方がない。

   ああ 悩む。
   親を育てる学校って あればいいのに・・・。
 

     
     <本日のキャラ弁> めめっち


   
    ランキングに参加しています
    クリックお願いします!
   にほんブログ村 主婦日記ブログへ
    こっちもプチッと押してくれると嬉しいな(^^)

スポンサーサイト

コメント

No title

確かに。。
毎日のテレビ情報の中で、怖さ倍増!!になってるところもあると思います。
きっと息子くんは感受性豊かなお子様なのでございますヨ♪♪
工作や作文が得意ではないですか?

No title

azulさん
>きっと息子くんは感受性豊かなお子様なのでございますヨ♪♪
ありがとうございます。
得意かは別として 作文は 好きみたいです。
何にしても 情報に振りまわされがちになりますね。
もっと 子供を信じて 子供の成長に合わせて
長い目で ゆっくり 見守らなければと 自分に言い聞かせています。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP |