てんとう虫がうろちょろするブログパーツ(Twitter連携可)


プロフィール

ねんねんネムコ

Author:ねんねんネムコ
ありがとう、今この瞬間が
プレゼント(present)
\(^▽^)/         
               
夫 
息子(通信制の高2)
   起立性調節障害克服中
娘(高2)
   起立性調節障害克服中
夫の両親
ゆかいな6人家族

韓国ドラマ 石鹸作り 読書
楽しくて中毒寸前(@。@)/


名言


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


にほんブログ村

クリックしてねd(ゝ∀・*)

にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ

Amazon


FC2カウンター


娘の涙

娘はよく泣く。
些細なことでよく泣く。
気に入らないと、泣く。
そして、泣くとなかなか泣き止まない。
昨夜、夕飯時に泣いた。
ネムコの作った 地味なおかずに ケチを付けやがった。(ーー;)
「ピザが食べたい」と!
それはただの我儘じゃないか!!<`ヘ´>
寝る前にも泣いた。
なかなか歯を磨きにいかないので叱った。
ずっと泣いていた。
泣いて「あー、もう分かったからいいよ」
と言ってくれるのを待っているのだ。
でもここで折れる訳にはいかない。
泣いても解決にはならないことを娘に教えたいのだ。
が、それも義父母の救いの手で
ネムコの努力もあっけなく妨げられてしまうのだが・・
でも、逃げ場があっても、それはそれはでいいと思う。(腹立つときもあるけどねっ はんっ)
核家族にはない何かがネムコの家にはあると思うから。 

夜、寝る前の日課として、読み聞かせをしている。
子供たちもネムコも、その日最後のお楽しみの時間である。
昨夜読んだ絵本は、
『サーカスのライオン』
息子が先に読んで、
「なんか、かわいそうなお話やった。でも最後がよう分からんかった」
と言っていた。
<年をとったサーカス小屋のくたびれたライオンが、
  毎日自分に会いに来てくれる男の子に
  若い時のように火の輪っかを5つにして、くぐりぬけるところを 
  見せてやろうと決意する。
  しかし、夜更けに男の子のアパートが火事になる。
  ライオンは、男の子を救うために火事の中に飛び込む。>

息子が「分からない」と言っていた箇所、 
ライオンの『死』を説明してやると、
「かわいそう」
と顔をしかめて息子が言った。
かわいそうだけど、男の子とライオンの優しさ
そして、ラストのサーカス団と観客の拍手が胸を締め付けられます。
そして、また娘は、シクシク泣き出した。
   
我儘ばかりの娘の涙はいただけないが、
感動の涙は、大歓迎だ。
娘は、絵本でもよく泣く。
「かわいそうなお話はいや!」
と言いながら、次の日自分で読んでまた泣く。
ちゃんと「死」の意味が分かってるんだな。と思ってホッとする。
死の悲しみ、胸の痛みが分からないから、
平気で人を傷つけたり、自分を傷つけたりする若者がいるのではないだろうか?
死んだらなくなる。 無になる。
そして、悲しむ人がいる。

『ありがとう シロちゃん』 というネムコも大大好きな絵本があるのだが、[emoji:d-25]
捨て犬だったシロちゃんがある家族に拾われて、その家族に可愛がられ
年をとって死ぬまでの過程が描かれているだけなんだけど、泣ける!
ネムコも涙。モモちゃん(愛犬)とダブっちゃうしね。
娘ももちろん泣いた。
しばらく立ち直れなかったようだ。
「シロちゃんは、どこいったん?」 
毎日しつこく聞いた。
「天国で、幸せに暮らしとるよ」
ネムコも、聞かれるたびに辛抱強く答えた。←ほんとにシツコイいんです 

素直に感情のままに泣ける子供の涙は素晴らしい。(^○^)
いつの日か、ひとつ年を重ねるごとに涙は減っていく。
内に秘めてしまう。
だから、娘のいろんな涙も今は受け止めてやらなければ、とも思う。
忍耐忍耐
大人のネムコは涙を飲んで忍耐ですぞ!!  
  

  
    ランキングに参加しています
    クリックお願いします! 
 

スポンサーサイト

コメント

No title

歳をとったせいなのか、感動&哀愁?の瞬間にウルッと来やすくなりました・・・
昔はなんともなかったのに。

PS: 二昔半くらいにしといて下さい。(笑

No title

stoolさん
確かに 年をとったら 涙もろくなるっていいますね。
ある程度 到達すると 退行するのかも。。。

二昔半? 爆笑!! いいぞーっ

No title

はじめまして、まごです★

絵本作家の卵です!

ブログで絵本公表してます!見てあげてください!

No title

magoさん
はじめまして! 訪問ありがとうございます。 (*^_^*)

作家さんですか?
絵本大好きなので ぜひ寄らせてもらいますね!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP |