てんとう虫がうろちょろするブログパーツ(Twitter連携可)


プロフィール

ねんねんネムコ

Author:ねんねんネムコ
ありがとう、今この瞬間が
プレゼント(present)
\(^▽^)/         
               
夫 
息子(通信制の高2)
   起立性調節障害克服中
娘(高2)
   起立性調節障害克服中
夫の両親
ゆかいな6人家族

韓国ドラマ 石鹸作り 読書
楽しくて中毒寸前(@。@)/


名言


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


にほんブログ村

クリックしてねd(ゝ∀・*)

にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ

Amazon


FC2カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   「ひとり日和」 青山七恵 著    
     出版社/著者からの内容紹介
         人っていやね......人は去っていくからね。
         20歳の知寿が居候することになったのは、
         母の知り合いである71歳・吟子さんの家。
         駅のホームが見える小さな平屋で暮らし始めた私は、キオスクで働き、
         恋をし、吟子さんとホースケさんの恋にあてられ、少しずつ成長していく。
         選考委員が絶賛した第136回芥川賞受賞作。

     すっぱり縁を切って、誰も、何もないところで一から出直したい。
     それでも、またそこで新しい関係が始まるのだろう。
     そして気がつくと終わりを迎えているのだろう。
     その意味なんか考えず、ただ繰り返していれば、人生って終わるんだろうか。

                                                   【本文より】
   
   若者は全然楽しくない。71歳の吟子さんの歳までワープしたい。
   と20歳の主人公の知寿が ぼやく姿に 苦笑。
   うんうん なんとなく分かるよ。
   ネムコも そうだなあ 20歳の頃は ツマンナイ顔して 無気力に生きてたかも。
   そう 「二十歳の原点」(高野悦子 著) なんて本を愛読して 
   暗く過ごしてたような気がする。
   オバサンになった今の方が 毎日がずっと楽しい。
   自分が 何をしたいのか 何を目指してるのか わかんないんだよね。
   仕事して恋をして それでも なんか 淡々としてて 同じような日常が続いていく
   それが この先 ずっと 永遠のような気がして
   まだこれからの人生に 失望 絶望 勝手にしちゃうんだ。
   気の持ちようなのにね。
   若いから それに気が付かない。
   若いから その目の前の若さに気が付かない。
   知寿ちゃんよ もっと 前向きにいこう!!
   ・・・でも そういう時間も 必要なのかもしれないけどね。
   
   
    ランキングに参加しています
    クリックお願いします!
    にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ 
    こっちもプチッと押してくれると嬉しいな(^^)


       


スポンサーサイト

コメント

No title

共感できそうな気がする。

私も、なんで生きているんだ、一生このままなんていやだ、でも何もできないと考えてる人間です。
ここにいるのが嫌で、でも他に行くあてなんかないやい。

この本近所の図書館にあったので予約してみましたー。
ふんわりした印象の小説でしょうか、普段げせわな本ばかり読んでいるので合うか分からないけれど。

No title

蘭さん
とっぴな事件も出来事も あんまり盛り上がるようなシーンもない 物語ですが
若い女の子の いぢいぢした気持が 淡々と綴られているだけなのに
心にしみてくるものがあります。
うじうじするのも 青春だと思うやい。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。