てんとう虫がうろちょろするブログパーツ(Twitter連携可)


プロフィール

ねんねんネムコ

Author:ねんねんネムコ
         
~♪(*´○`)o¶~~♪
しあわせは~歩いてこない
だから歩いてゆくんだね~
人生はワンツーパンチ☆
ネムコで~す♪
               
夫 
息子(通信制の高2)
   起立性調節障害克服中
娘(高2)
   起立性調節障害克服中
夫の両親
ゆかいな6人家族

韓国ドラマ 石鹸作り 読書
楽しくて中毒寸前(@。@)/


名言


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


にほんブログ村

クリックしてねd(ゝ∀・*)

にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ

Amazon


FC2カウンター


   「ハッピーバースデー」 青木和雄 吉富多美 著
    内容(「BOOK」データベースより)
      「ああ、あすかなんて、本当に生まなきゃよかったなあ。」
      自分の思い通りに成長した長男に比べ、できの悪い娘あすかに
      容赦ない言葉を浴びせる母静代。
      しかし静代の見せかけの鎧は、職場の年若い上司なつきによって
      徐々に剥がされていく。
      愛に餓え、愛を求めて彷徨う母娘の再生の物語。

   子供を生んで後悔している母親。
   それを口に出して子供を傷つけるなんて 無神経極まりない親。
   娘は 生まれてこなければよかったと 心を閉ざし 声を失う。
   何考えてんだ?
   信じらんない。
   怒りで涙がこみあげてくる。
   自分の望み通りに育たなかったからって こんな態度許されるのか?
   兄妹に差を付けていいのいか?
   こんな親いる? 
   けど 世の中には 虐待や育児放棄する親も 実際いるわけで
   子供の頃 虐待される一歩手前だった 
   と語る 母親の上司のような親子は たくさんいるんじゃないかって思う。
   ・・・自分もギクリ
   自分の思い通りにいかないからって 怒りをそのまま 子供に向けていないだろうか?

   親子関係や いじめ 学校のあり方 友達関係 命の大切さ等
   盛りだくさんに書かれており 素直に胸に沁み込んでくる。
   児童書(ハッピーバースデー―命かがやく瞬間 (ときめき文学館)) 
   が最初だったようで 子供たちにもぜったい読んでもらおう!!
   
   命は自然の恵み と 自分で答えを出した娘のあすかが すがすがしい。

   本日のラン
        23日 6キロ 35分34秒(3K地点17、45’)
        26日 6キロ 37分36秒(3K地点17、20’)

   
    ランキングに参加しています
    クリックお願いします!
   にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ 
   こっちもプチッと押してくれると嬉しいな(^^)



   


   



スポンサーサイト

コメント

No title

この本読んだはずなのに・・・
詳細が思い出せない(>_<)
もう一回読み返そうっと。
でも、泣きながら読んだのは覚えてる^^;

No title

悠美さん
子供がらみの内容なので もう 冒頭から 涙涙涙 でした。
子育ての参考になるから 何度読んでもいいと思う(^^)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP |