てんとう虫がうろちょろするブログパーツ(Twitter連携可)


プロフィール

ねんねんネムコ

Author:ねんねんネムコ
ありがとう、今この瞬間が
プレゼント(present)
\(^▽^)/         
               
夫 
息子(通信制の高2)
   起立性調節障害克服中
娘(高2)
   起立性調節障害克服中
夫の両親
ゆかいな6人家族

韓国ドラマ 石鹸作り 読書
楽しくて中毒寸前(@。@)/


名言


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


にほんブログ村

クリックしてねd(ゝ∀・*)

にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ

Amazon


FC2カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   ある手作りコスメの本を読んでいて ふと わいた疑惑
   植物性乳化ワックスの種類の成分として  
   ポリソソルベート60 ソルビタン脂肪酸エステル
   と ある。
   これって・・・(;¬_¬) ぁ ゃι ぃ
   化粧品毒性判定事典 で 調べてみました。
   ・・・やっぱり
   合成界面活性剤 って なってる。
   どういうことなの?
   手作り化粧品て 天然素材のみを扱うんじゃないの?
   ショック
   本には 比較的安全な乳化剤って書いてある。
   「比較的」 って言葉が疑わしくなってくる。
    
   気になり 調べてたんだけど たどり着いた先が石けん百科さん
   化粧品の「合成界面活性剤」の定義について
      化粧品中で乳化、分散、可溶化目的で使用される界面活性剤については、
      たとえ合成されたものであっても、その合成の元となる原料が
      動物や植物といった天然物に由来するものが使用された製品のみを取り扱うこと。

   と 決めておられるよう・・
   ネムコも難しい事は分かんないんだけど 
   原料が天然だったら合成剤であっても安全ってことなのかしら?
   ・・・違うか?(;^_^A
   よくわかんねー
   気になる方は 詳しくはコチラで検索してみて。

   ま ね 乳化剤なくして なめらかなクリームを作り辛いのは確か。
   一つや二つ 合成剤を加えたからって 肌が悪化するわけやなし
   ネムコもね 走ってる時はね 汗に強い 合成界面活性剤やポリマーを
   使用した日焼け止めクリームやファンデを塗りたくってるわ。
   でも でも 自分で作るのに わざわざ合成剤を買って使うのもなあ・・・。
   乳化剤のすべてが そうではないけど。 
   ちょっと ショック。
   ただたんに 無知だっただけかもしんないけど。
   手作りの良さや醍醐味が 台無しになっちゃった気がしたのよ。(´ヘ`;)ハァ

   「自然素材」って言葉に惑わされすぎてるような気がする。
   気にしすぎ?

   
    ランキングに参加しています
    クリックお願いします!
   にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ 
   こっちもプチッと押してくれると嬉しいな(^^)




   

    
   
スポンサーサイト

コメント

No title

う~ん・・・どこまでを妥協するかって結構ねぇ~
マダムシャバダさんところのHP(http://www.shabada.com/)行かれたことあります?
結構いろいろ科学的な分析?考察あっておもしろいですよ。

私もいろいろ手作りクリームや乳液試してみたけど、安全性と使い心地、扱い易さ、効果を同時にってなかなか難しかったです。
防腐剤を敬遠しすぎて、いたんだものを肌に載せ続けるもの怖いしねぇ~

で、結局、石けんと化粧水だけは手作りを続けてるけど、仕事行くのにファンデーション塗らないとまずいから、化粧水から上は、比較的安心な信用できそうな化粧品メーカをさがして、その商品を使うことに落ち着いちゃいました。

ネムコさんも納得いく方法みつかるといいですね/~~

No title

Kepoけぽさん
マダムジャバダさんのとこ いってみました。
実に面白く詳しくかかれてあって 大いに参考になります!!
ありがとうございます(^^)

植物性油脂から いとも簡単に 合成油脂って 作られてしまうんですね。
いろんな視点から見てみると 何が、どこが、 安全なのか 判断できなくなってしまう。

マダムジャパンさんのとこ 熟読して お勉強です!!

No title

ソルビタン脂肪酸エステル
なんかすごく懐かしい名前を見たので思わずコメント!

石鹸の事は全くわかんないけどソルビタン脂肪酸エステルって乳化剤としてアイスクリームにも普通に使っていたぞ。
アイスクリームも乳化剤がないと脂肪と水が混ざり合わないから必需品!
ちなみに素材にこだわった美味しい高級アイスクリームを作る場合は乳化剤として「卵黄」を使っていた!
アイスクリームで使うんだから石鹸にだって使えそうなもんじゃんw

で、ねむこが大好きな普通に売られているアイスクリームだって乳化剤、安定剤に合成着色料、合成香料などがたっぷりよん!!!
食べることと肌につけることどちらが怖いかって事なんじゃないのかな・・・

No title

いいサイト教えてもらったわぁ~!
私もそういうのちょっと気になってました。
食品関係のそういうサイトもありそうですよね。
また探してみよ♪

No title

青蟹さん
なんか ものすご~ショックなんやけど・・・(>0<)
肌に付けることより 口に入る方が怖いんに決まってんじゃん!!
アイスクリームに入ってんだ!? 合成の乳化剤・・・。
>アイスクリームも乳化剤がないと脂肪と水が混ざり合わないから必需品!
言われてみれば なんだか納得してしまうし 食品の成分表示にも載ってたかも・・・。
なんか 無知って 怖いなあ~
いや 知らない方が いいのかも。
食品もさ 添加物いっぱいのもの 日頃から平気で食べてて 体 何ともないんだもんねー
あんまり気にしてちゃ 生きてけないかー?!←そっちで 納得してよいのか?(^^;

No title

カラメルクリームさん
ははっ カラメルクリームさんも興味あるのね~
なんか 色々考えちゃうなあ
お肌より 食品の方が なんか 気になってきたよー!!

No title

食品が気になってきたってことでしつこくまたまた登場です・・・(^^;

合成添加物ばかりを気にしているようだけど合成添加物などは厳しい検査をして安全性を確認できたものを添加物として許可されています。
ちなみに天然添加物などは合成のものなどと比べて厳しくないようです。(10年前の話で今現在は?ですが・・・)
厳しい検査で安全性を認められて許可された合成添加物とさほど厳しい検査をされていない天然添加物。
どちらが安全かという話ですね。
で、食品や化粧品でよく使われている『コチニール色素』という赤色の天然着色料だけど材料は『コチニール虫』という昆虫です。
この虫を煮立たせて色素を抽出にてます。
安全性は確認されているものでポピュラーな天然着色料だけど見た目はあまり気持ちの良い昆虫ではないですよ。
『コチニール色素』で検索かけると画像も見れるはず。(苦笑)
青蟹もアイスクリーム時代はイチゴアイスで使ってましたよ!

無果汁のジュースやカキ氷などは水と砂糖と着色料と香料で出来ているといって間違いなし!
どこまで気にして食するかって話ですね。

さあネムコさんどうしますか?(苦笑)

No title

青蟹さん
こんな事実を知ってしまったら さあ どうしましょ?・・・・・

さすが詳しいですな アイス博士青蟹さん
>『コチニール色素』で検索かけると画像も見れるはず。(苦笑)
絶対見ないし!!
安全を保障されても イチゴアイスも もう食べない!!←極端?

厳しい検査をしていない天然添加物が安全か? と いうのは 化粧品でも然りで
化粧品メーカーが 植物成分の毒性やらを入念にチェックして用いているようには思えません。
でも 認められてるからって 合成界面活性剤の多量の使用は 肌を間違いなく 悪化させるもの。

なんか 頭がこんがらがってきたぞ(≧ヘ≦)



 

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。