てんとう虫がうろちょろするブログパーツ(Twitter連携可)


プロフィール

ねんねんネムコ

Author:ねんねんネムコ
ありがとう、今この瞬間が
プレゼント(present)
\(^▽^)/         
               
夫 
息子(通信制の高2)
   起立性調節障害克服中
娘(高2)
   起立性調節障害克服中
夫の両親
ゆかいな6人家族

韓国ドラマ 石鹸作り 読書
楽しくて中毒寸前(@。@)/


名言


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


にほんブログ村

クリックしてねd(ゝ∀・*)

にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ

Amazon


FC2カウンター


晩鐘

   「晩鐘」   乃南アサ 著
    
      内容(「MARC」データベースより)
       殺人事件の被害者家族と加害者家族の苦悩を描いた小説「風紋」の続編。
       事件から7年後、悲劇の連鎖は終焉を告げているのだろうか。
       心に癒しがたい傷を負った人々の物語。
   
   しまった 続編から読んでしまった!!
   でも 前作を知らなくとも大丈夫みたい 十分読めました。
   今 夢中になってる作家さん 乃南アサさんの小説。
   めちゃくちゃ面白かったです。
   いや、面白いという表現は内容的にマズイか・・・。
   一つの殺人事件によって広がる悲劇の連鎖。   
 
   一つの事件によって どれだけ多くの被害者が出てしまうのか
   乃南さんは 犯罪被害者に限定して言えば 
   事件の加害者となった人間以外は全て、被害者になってしまうのではないか
   そして、その爆風とも言える影響が、果たしてどこまで広がるものか、
   どのように人の人生を狂わすものかを考えたかった 
   と 帯にコメントが載っています。

   殺人者にも当たり前だけど家族がいるわけで
   世間からは 家族もその親族たちも 犯人同様の扱いを受けるわけで 
   生活は一転し その後の人生は狂わされるはず。 
   自分が犯した罪ではないのに 世間から非難を浴び 職を変え 学校を変え 住む所も・・
   それこそひっそりと それでも生きていかなければならない辛さ。
   そして被害者側の家族たちも 世間からの同情や憐み好奇の目を向けられ
   家族一人が欠けたことで互いを責め合い やがてバラバラになっていき家族崩壊・・・。
   悲しみの傷は癒されないまま それでも生きていかなければならない。
   そんな内容です。

   東野圭吾さんの 「手紙」 を彷彿させますが もっと深いところまで触れています。

   孤独で誰も信じられず 自分自身も信じられず人生を諦めかけている
   被害者の娘真裕子の傷の深さ。 
   殺人犯の息子とも知らないで 自分の生い立ちを必死に探ろうとする小学生の大輔。
   真実を伝えようと 彼らの心を救いたいと願っているのに
   自分のしたことは結局は偽善にすぎなかったと葛藤する 新聞記者建部。
   心理描写がすごく細かくて 彼らの叫びみたいなものが直に心い響いてきます。

   得に大輔。
   大柄で頭も良く大人びていて 彼の行動には驚かされるけど まだ小学生の大輔。
   なんかね やりきれないです。
   自分の息子とかわらない男の子がこんな運命背負って必死に生きてるのに 
   なんで救いの手がないのか。
   こんな母親ってあり? 
   真実を知った時の彼がどうなるのか 結末は・・・・。


   
    ランキングに参加しています
    クリックお願いします!
    にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ 
    こっちもプチッと押してくれると嬉しいな(^^)




   

   
   

   
   



   
   
    
   

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP |