てんとう虫がうろちょろするブログパーツ(Twitter連携可)


プロフィール

ねんねんネムコ

Author:ねんねんネムコ
ありがとう、今この瞬間が
プレゼント(present)
\(^▽^)/         
               
夫 
息子(通信制の高2)
   起立性調節障害克服中
娘(高2)
   起立性調節障害克服中
夫の両親
ゆかいな6人家族

韓国ドラマ 石鹸作り 読書
楽しくて中毒寸前(@。@)/


名言


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


にほんブログ村

クリックしてねd(ゝ∀・*)

にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ

Amazon


FC2カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   韓国の歴史ドラマの中でも
   朝鮮王朝時代よりも、もっと古い三国時代のお話が好きです。

   今見ている 「幻の王女チャミョンゴ」 というドラマもそう。
   高句麗の王子ホドンと楽浪の王女チャミョンの悲恋物語なんだけどね。
   それにラヒ姫が加わりセツナイ・・・らしい
   ま、それは、どうでもいいっつーか・・・・・失礼(~_~;)
   ストーリー自体は面白いんだけど、
   テンポがなくて毎回ダラダラしてて、展開が遅すぎるんだよね~
   主人公の親たちの話がやたら長ったらしくて
   そこまで詳しくする必要ってあるの?
   さらっと先へ進めばいいのにって、イライラしちゃう。
   それでも頑張ってみているのは
   「朱蒙」 の孫のムヒュルが出てくるから・・・・

   主人公の一人、ホドンの父がチュモンの孫に当たるの。
   このホドンの父、ムヒュル王の冷酷なこと!!
   誰も信用してないのね。
   すごく孤独な人なの。
   それは、先代の王、ユリ王も相当冷血な人物だったようで
   自分の手で息子を国の為(?)に殺してしまったという・・・
   チュモンに出て来たあのカッチョイイユリがそんな奴になってるなんて・・・
   今、自分が王になってみて、先王がしたことを理解しようと努めているのか?
   常に葛藤している感じ?
   だから、自分の子供同士が争って欲しくないがために
   ホドンを後継者にしようと、王妃に子を産ませないでいる。
   ・・・そんな感じ? 違う?
   ネムコはまだ 「風の国」 を見てないから
   「チャミョンゴ」 が面白いというより、
   「チャミョンゴ」 に登場する高句麗が気になってるんだけどね。
   「朱蒙」 のその後が気になるわけよ・・
   ああ~ 「風の国」 がみたい。
   「チャミョンゴ」 に出てくるむさいおっちゃんムヒュルじゃなくて
   イケメン、ソン・イルグクさんのムヒュルが見たいわ。

   チャミョンゴのストーリー展開はともかく
   登場人物が強烈な人たちばかり出てきて、そっちが面白い!!
   楽浪の第二夫人ジャシルが根性悪くてさー
   やることが汚いのよ。
   「善徳女王」 のミシルなら自分の手は汚さずして人を陥れるでしょ?
   ジャシルは自らの手で人をおとしめ殺めるのよ。
   もうなりふり構わずって感じが醜くくてみてらんない。
   何が絶世の美女だっ。
   対照的なのが、モ・ヤンへ。
   ネムコはこのヤンへがお気に入り。
   外見は太ってて醜いんだけどね(ヤンへが登場したときはびっくり大爆笑だったよ)
   ちゃんと筋の通った人だよね、芯がある、賢いし・・・
   ジャシルと違って、悪さしても堂々として潔いのよ。
   それにさ、見た目通り強いけど、所々カワイイんだよね~。
   ワン・ホルが幼いながら必死にヤンへを守ろうとしたのもわかるなあって。
   ムヒュルの王妃メソルスも息子を産むために命かけて必死だしさー
   女性陣が怖いねーこのドラマは。
   で、肝心の主人公たちは?
   (^▽^;)
   これからってことで・・・
   やっと、子役から脱したばかりだし・・・ 
   長いなー
   ( 一一)


   
    ランキングに参加しています
    クリックお願いします!
    にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ 
    こっちもプチッと押してくれると嬉しいな(^^)

   
   
   

   

   
   
    

   
   
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。