てんとう虫がうろちょろするブログパーツ(Twitter連携可)


プロフィール

ねんねんネムコ

Author:ねんねんネムコ
         
~♪(*´○`)o¶~~♪
しあわせは~歩いてこない
だから歩いてゆくんだね~
人生はワンツーパンチ☆
ネムコで~す♪
               
夫 
息子(通信制の高2)
   起立性調節障害克服中
娘(高2)
   起立性調節障害克服中
夫の両親
ゆかいな6人家族

韓国ドラマ 石鹸作り 読書
楽しくて中毒寸前(@。@)/


名言


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


にほんブログ村

クリックしてねd(ゝ∀・*)

にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ

Amazon


FC2カウンター


   久々の読書です。
   夢中になって読んでしまいました。
   半年間悩んだ末の大人買い。
   息子 「え~1冊1785円×4冊=7140円也・・・ふえええ~っ
   ええいっ計算すなっヾ(`ε´)ノ
   「まあお母さん、たまにはええやん
   意外にも息子から寛大な言葉をいただきました。<(_ _*)>

   「成均館儒生たちの日々」 チョン・ウングウォル著 佐島顕子翻訳
     
   コレって実は、韓国ドラマの「トキメキ成均館スキャンダル」の原作本なんです。
   ドラマとダブって面白さ半減・・・ってことは全くないです。
   ドラマはドラマ、原作は原作で切り離して読んでも面白いし
   ドラマの主人公たちを重ねながら読むと、これまた面白さ倍増だああ。

   原作はドラマよりもコミカルな部分が多いように思います。
   男女の絡みが卑猥で露骨なので、貞操淑女なネムコにはちょっと刺激的(/。\)イヤン!
   ドラマでは頑固一徹のイ・ソンジュンも原作本ではすごくソフトな男だし
   常に緊張を強いられているユニの心情も切ないし
   ヨンハもドラマとは違う悩みを抱えています。
   王様や親たちも・・・ある意味かわいい・・。
        
   「奎章閣閣臣たちの日々」 チョン・ウングウォル著 佐島顕子翻訳
     
   「成均館儒生たちの日々」の続編です。
   成均館を出たその後の4人のお話です。
   ドラマの最終回は、え?弟のユンシクの存在はその後どうなっちゃたの?
   って疑問のまま終わっちゃったんだけど
   続編ではスッキリ解決してくれます。
   でも続編の続編もあったらいいな。

   ドラマにしろ原作本にしろ、なんですかネムコ
   成均館ワールドの魅力にどっぷりハマってしまってます。
   只今、2回目再読中。
   ドラマもまた見てる。
           
   
    ランキングに参加しています
    クリックお願いします!
    にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ 
    こっちもプチッと押してくれると嬉しいな(^^)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP |