てんとう虫がうろちょろするブログパーツ(Twitter連携可)


プロフィール

ねんねんネムコ

Author:ねんねんネムコ
         
~♪(*´○`)o¶~~♪
しあわせは~歩いてこない
だから歩いてゆくんだね~
人生はワンツーパンチ☆
ネムコで~す♪
               
夫 
息子(通信制の高2)
   起立性調節障害克服中
娘(高2)
   起立性調節障害克服中
夫の両親
ゆかいな6人家族

韓国ドラマ 石鹸作り 読書
楽しくて中毒寸前(@。@)/


名言


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


にほんブログ村

クリックしてねd(ゝ∀・*)

にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ

Amazon


FC2カウンター


起立性調節障害になってしまった息子。
なんでこんな病気になってしまったんだろう?
日々考えてしまいます。
今更考えても仕方ありませんが。

思い返せば赤ちゃんの頃から
すでに腸内環境が悪かったのかも。
赤ちゃんはお母さんの腸内バランスを
受け継いで生まれてくるんですって。
私は胃腸が丈夫な方ではありません。
胃はよくシクシク痛むし
変わったものを食べるとすぐ下します。

息子が産まれた直後
初乳を飲ませてあげられなかったことが
ずっと引っかかっていて
初乳には腸内フローラをいい環境に導いてくれる
ラクトフェリンが豊富に含まれているそうです。
でも初乳に血液が混じっていて
検査のため飲ませてあげられなかったんです。

そのせいなのか
息子は便秘がちな赤ちゃんでした。
小児科の便秘外来にも通っていたくらいでした。

よく風邪をひく子だなって思っていたら喘息。
おかげで薬漬けの日々。
小学校に上がると
花粉症とハウスダストのアレルギー疾患。
年中酷いので、またもや薬漬け。

そのうち頭痛や腹痛を訴えるようになり・・・
思い返せば、兆候はあったんです。
でも、それが病気につながるとは微塵にも思いませんでした。

中学生になって秋頃
部活中に失神しそうになったと言うので
内科を受診。
栄養不足だと指摘されたんです。
食事では補えない栄養素を
サプリメントで補ってはどうか?
と言われました。
息子はその頃少し太ってて
ご飯を何杯もおかわりするほどよく食べていたんです。
だから、信じられなくて
でも、半信半疑で
ビタミンとミネラルのサプリメントを取り始めました。
その内科の先生、栄養療法をかじりかけってくらいの
勉強をされていたようで
その時もっと真剣に話を聞いておけば
今頃こんなことにならなかったかな
とも思いますが
もしあの時、いろんなサプリメントを飲んでいても
腸内環境が悪いと
栄養は吸収されません。
きっとその頃すでに
リーキーガットになっていたと思いますから。

ストレスもODに大いに関係します。
息子が言うには
中学生になってから
お父さんもお母さんも厳しくなったと
小学校の頃は勉強のことなんか
なんも言わなかったのに
急に勉強勉強って・・・
それがすごくストレスだったようです。
親の言うことに反発しつつ
従うような子でした。
親の期待に応えようとしてしまうんですね。
人の顔色をうかがうようなとこありますから。
それに成績が下がらないように
周囲の自分のイメージを壊したくない
まじめで勤勉な自分のプライドを守りたい
って気持ちもあったと思うんです。

その頃、寝ても寝た感じがしないと
よく訴えていました。
過度なストレスが体に影響し始めてたんでしょうね。
ストレスって精神的なものだけじゃないんです。
今まで蓄積されてきた身体のストレス
それと、背はぐんぐん伸びるのに
声変りが遅くて気になってました。
中3になってやっとです。
すね毛もなくつるんつるんだったし
ホルモンバランスが悪かったんだろうな
って、今は分かります。

こうやって振り返ってみると
息子がいろいろサインを送っていたことに気が付きます。
今頃遅いですが(-_-;)

息子がODになってよく責められたけど
母親のせいだ
親が悪い、とか
育て方が悪かったんだ、とか
子育ての失敗だ、とか
悔しいけど
本当にその通りでした。

腸内環境が悪いのも
低血圧なのも
低血糖なのも
アレルギー持ちなのも
全部、私の体質を受け継いでいます。
私のせいです。

ストレスを抱え込んでしまうのは
父親似かと・・・・。

悪いとこばっか似てしまって
申し訳ないことこの上ない。
ほんと親の責任です。

でも、なってしまったものはどうしようもない
治すしかないんです。

結局、今ODを発症しなかったとしても
大人になってからでも
違う形で体に異常が出て来たんではないかと思うんです。
今で良かったのかも。
社会人で具合悪くていちいち会社休んでたらクビだもの。
親が関与してあげられなくなってるかもしれないし
不定愁訴でオロオロしていたかもしれません。
今で良かったんです。


振り返ってみて
親の責任の重大さに気づかされます。
親の選択の一つ一つで
子供の将来が決まるんですもの。

子供は勝手に育つって誰が言ったの?
そんな簡単にいかない!
親業ってそんな甘くない!
親業って、怖い。
こんな未熟な親を導いてくれる人がほしい。

もしかして、この苦しみがお導きなのでしょうか?


にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
 プチッと押してくれると嬉しいな(^^)


スポンサーサイト

コメント

No title

色々と思うに。
ネムコさんも私も決して良いとは思われない食生活やストレスなどでの親の育てられ方、その環境の中でも無事大人になれこうして生活していける事を思えば自分を責める事ではないようにも思えます。
でも、お互いの子供がこういう病気になったと言う事がなにか関係があるのかもしれないと感じたネムコさんのブログでした。。。

No title

こんにちは。
私も息子のことで良く悩んでしまいますが
長女がいるので助かっています。
同じ両親に生まれて
顔だけはそっくりなのに
性格から好みから特性まで何もかもが正反対だから。
ですから子供が持って生まれたものってあると思っています。

その一方で
タロの性格が私とよく似ているのは申し訳なく思っていますが
はなちゃんだって地味顔の私に顔が似ちゃったんだから
もっとかわいそう。
こればっかりは親子だし仕方ない、
運命もあると思うのですがいかがでしょうか?

いつも私もブログにいろいろ吐き出して
皆さんの温かい励ましを頂き
また明日から頑張ろう!と思っています。

だから私の方が失敗だらけですが
生意気な事を書いてみました。

ネムコさんは私が思うに親子でとても聡明ですよね。
とても繊細で観察眼が鋭い。
親子でお互いの悩みや不安まで共鳴しあって
アンプのように増幅していたら大変そう。

本当にストレスが関係あるなら
楽しい気持ちが通い会えばきっと良くなる?!かな??

応援しています!

No title

>三代目さん
自分を責めているわけではないんです。
体質を受け継いでしまったのは私もまた自分の親からの血筋なわけで
そんなこと言い出したらきりないし仕方ないことなんだけど
ただただ、息子に申し訳ないなあって。

今回の記事は、私の反省文みたいなものです。

No title

>ミームみーむさん
励ましコメント本当にありがとうございます!

子供って似てほしいとこは受け継いでくれなくて
似てほしくないとこばかり似ちゃう。
だから親は子供を自分を見ているようでつらくなるのかしら?

運命って変えられると思います。
私は息子の病気を治す手助けはできるけど
実際に治すのは息子自身。
息子の力を信じて彼がこの先どんな風に生きていくのか
見守っていきたいと思っています。

私も、また明日から明るい気持ちで頑張ります(*^_^*)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: はじめまして

>Nさん
初めまして、こんにちは!
娘さんまだ小さいのにリーキーガットなんですね。
さぞご心配でしょう(>_<)
でも早いうちにわかって良かったですね。
子供の人生はまだまだこれからですもの。
栄養療法をされてても心が揺れる時があると思います。
治療効果がなかなかあらわれなかったり
体調に波があって喜んだりがっかりしたり・・・
そうそう、過去を振り返って自分を責めてみたりね(^^;)
肩の力を抜いて、お互い頑張りましょうね。

コメントありがとうございます!
嬉しかったです。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |