てんとう虫がうろちょろするブログパーツ(Twitter連携可)


プロフィール

ねんねんネムコ

Author:ねんねんネムコ
ありがとう、今この瞬間が
プレゼント(present)
\(^▽^)/         
               
夫 
息子(通信制の高2)
   起立性調節障害克服中
娘(高2)
   起立性調節障害克服中
夫の両親
ゆかいな6人家族

韓国ドラマ 石鹸作り 読書
楽しくて中毒寸前(@。@)/


名言


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


にほんブログ村

クリックしてねd(ゝ∀・*)

にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ

Amazon


FC2カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜市

   ランニング報告
     本日のラン
          16日 6キロ 42分17秒




<本日のキャラ弁> めいけんチーズ

   ホラーは苦手なのに 一気に読んでしまった。
   でも この手の話 嫌いじゃない。
 
   「夜市」 恒川光太郎 著
   夜市 って題名 人の名前かと思っていた。
   夜に行われる市場の事だった。
   お祭りのような 華やかで、賑やかなものではなく、
   静かな森の中に、静かに店が並ぶ 夜の市場 である。
   人間ではないものたちが 奇怪なものを 多額で売り、
   来た者は 夜市で 買い物をしないと出られない。
   永遠に帰れない。
   さ迷い続け、永久放浪者となり、夜市の一部になる。

   子供の頃 弟と偶然 夜市に迷い込んだ主人公。
   野球の才能と引き換えに 弟を売ってしまう。
   一人 元いた自分の世界に帰った 主人公。
   やがて、成長し 甲子園に出場し、才能をもてはやされるが、
   弟を売ったことの 罪悪感に 悩まされ続ける事となる。
   
   売られた弟の存在は、死んだものともされず、
   最初から存在しなかったものと なっていた。
   親や周囲の記憶から消え、弟が存在したあらゆる証拠も消えていた。
   
   もともと存在しない。

   「忘れないと誓った僕がいた」 平山瑞穂 著
   も、フェードアウトする お話。
   「死ぬ」 のではなく、「消える」 のだ。
   いたことさえ誰も気が付かない。
   初めから存在しない。
   「夜市」 と違う点は、自分さえも 記憶が途切れていく のだ。
   
   フェードアウトしていく女の子を 必死で記憶に留めておこうとする主人公が、
   何とも いじらしく 切なく 可哀想だった。
   生きてきた証しが 誰の記憶にも残らず 消えていくというのは
   死よりも 辛いことではないだろうか?
 
   でも もしかしたら、自分が気が付かないだけで、
   こういう現象が 日々起っているのかもしれない。
   ここではない 別の世界。
   異次元への空間や扉は 目に見えないだけで あちこちにあるのかも。

   過去から現在未来 繋がっていくように、
   目に見えない次元の世界の 別な時間。
   異質なもの達。霊の存在。
   説明のつかないことは いっぱいある。
   スピリチュアルなこと 江原啓之さんや、イラクの武装集団や、
   北朝鮮という異質で凶悪な国 を知ってから、
   この世の中で、ありえないことはないんじゃないかって
   思うようになった。


 
    ランキングに参加しています
    クリックお願いします! 


        

   

  
   
 

スポンサーサイト

コメント

No title

広末涼子お宝画像ここにありますっ!!!ゼヒゼヒこちらまで♪♪

No title

「夜市」 何だか考えちゃいますねー。

ネムコさんの視野が一段と広がっているのでしょうね。
ランニングも頑張ってるし、<本日のキャラ弁> めいけんチーズ もかわいいし
本を読み、考える・・・。
いろんな側面がいい味出してますよ~♪♪♪
私も頑張ろう!!

No title

azulさん
興味のあることは 突き詰めていきたくなり 時間が足らない 毎日。
で、中途半端なまま、未消化に 終わる。 (>_<)
azulさんのように、勉強する姿勢 見習いたいのに。。。
ネムコも 頑張ろう!!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。